アスリート応援マガジン

女子プロ野球 愛知ディオーネ・里綾実選手INTERVIEW 〜日本シリーズ女王への挑戦〜

競技について

女子プロ野球は、2010年4月に関西の2チームで開幕し、現在は愛知ディオーネ、京都フローラ、埼玉アストライア、育成チームレイアの4チームで活動している。愛知ディオーネ、京都フローラ、埼玉アストライアで年間60試合を戦い、年間順位1位と2位で日本シリーズ女王決定戦を行い、年間1位優勝チームである女王を決定する。

体のケアとトレーニング方法は何ですか?

ストレッチなどは毎日欠かさず行なっています。自分で自分の体に触れケアをすることで、自分の体を理解しています。また、試合中余計な力が入って、力みやすくなるため、なるべく力を抜く練習をしています。力まないで力を発揮できるように意識して、練習で取り組んでいます。朝と練習後の2回、ボディリカバリーを飲んでいます。飲み始めてからどんどん走れるようになり、試合や練習の終盤でも体が動けるようになりました。

オフシーズンのトレーニング方法は何ですか?

オフシーズンはいつもより部位に注力して細かくトレーニングを行います。
ウエイトトレーニングもしますが、軽いものの動きを覚えさせて、試合で活かせる動きを強くしています。怪我をしない体を作るためにもバランスよく意識してトレーニングをしています。

里選手の夢は何ですか?

夢は女子野球をたくさんの人に知ってもらい広めること。球場を観戦に来てくださったお客様で満員にし、多くの人の前で試合をする。そして、地元の女子野球の普及や発展にも携わっていきたいです。
また、W杯に出場し、MVPを2度受賞することができました。今、世界を代表する選手と言っていただくこともあり、嬉しく思いますが、まだまだ女子野球の認知は低いです。今後はより多くの方に女子野球を知ってもらい、「女子プロ野球選手 里綾実」のファンになってもらい、多くの子どもたちに憧れられる選手を目指します。
そして、今の自分を常に超えていくことを信念に日々進化し続けていきます。

皆さんにお伝えしたいことは、ありますか?

野球はみんなのスポーツです。見る人も選手も同じ空間にいる人、みんなが楽めるスポーツです。
ぜひ、一度女子プロ野球を、そして私のプレーを観戦に球場へお越しください。

インタビューして

プレーも言葉も力強く、その中でも見せてくれる笑顔がとても素敵です。話をするだけでも刺激をもらえる選手です。粘り強いピッチングを皆さんに見てほしいです!

(インタビュアー:北村 佳子)