アスリート応援マガジン

脱水症状を起こさず最高のパフォーマンスで競技に集中するためには?

練習中に喉が渇いたら、皆さんは何をしますか?

そうです、水分補給をしますよね。
しかし、喉が渇いたときには、すでに体の中で脱水症状が起きている状態というのをご存知でしょうか?

水分補給のベストなタイミング

1)1日2リットルの水分を摂りましょう。トレーニングの日は多めに。
2)トレーニング前は 250ml~500ml を数回に分けて、最中は 15~30 分毎に 150~200ml 程度の水分を摂りましょう。
3)トレーニングの負荷や外気温によっては、トレーニング 1時間あたり1リットルの水分が失われることもあるので、「室内だから」「今日は暑くないから」といって水分補給を怠ら ないようにしましょう。
4)練習や試合中大量の汗をかいたときは、水ではなくスポーツドリンクを飲むようにしましょう (水分補給とエネルギー補給が同時にできます)。

参考文献:「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」より

まとめ

水分補給は、競技者のパフォーマンスに影響する因子のひとつ。
練習や試合の時だけ意識してできるものではありません。 普段の生活から水分補給を意識していくようにしましょう。